2010年02月22日

BROMPTOM クイック化への思い

〜 英国製の折りたたみ自転車『BROMPTON(ブロンプトン)』 のオリジナル部品を作っています 〜


なぜ私が ”ブロンプトンのクイック化” という
トライを始めたか。



それは、


「この自転車の魅力を、もっと多くの人にわかってほしい」


という思いに他なりません。



思い返すと、1年ほど前、

私は初めてブロンプトンを手に入れ、

意気揚々と友人たちに披露したのですが、

反応はいまいちでした。



「折りたたみ部(ヒンジクランプ)がダサイね」

「たしかに小さくたためるけど、めんどくさそう」

「ホームセンターで売ってる、ふつうの折りたたみ自転車にしか見えない」



”ブロンプトン”という自転車を知らない人、
初めて知った人たちの率直な感想でした。



私の頭のなかは、

雑誌やwebで得た情報が先入観として植えつけられていたので、

正直ショックでしたよ。


「小さくたためることがエライ」

「英国の頑固なおじさんが作っている」

「昔から変わらないデザイン」


そこが魅力で、それがすべてと感じていたんですから。



でも、

「一般的にはそう感じないのかもしれない」

と思った出来事でした。





この自転車は、乗った人を虜にする魅力あふれる自転車なのに、

乗ったことない人には魅力に感じてもらえないなんて・・・。




みんなにブロンプトンの魅力を知ってほしい!
みんなにブロンプトンを体験してほしい!!



そんな思いから始めた一歩が

クイック化なんです。




〜この思い届きますように〜

posted by Nao4 at 01:36| Comment(4) | INFOMATION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自転車に乗らない、あっち側の人達に、魅力をどう説明しても分からない。
乗ること、乗り続けること、走り続けること、これこそが大切なことなのだと思います。
「自転車に乗り続けることを誇りに思う」
自転車はブランド物ではない。自分の手足となり、自由に駆け回ることのできる翼のような物なのです。
是非、この自由度を体感して欲しい。
そうすれば、bromptonの素晴らしさを理解できるのではないかと思います。

Posted by 浮雲@焼酎麦茶割りなう at 2010年02月25日 22:58
>浮雲@焼酎麦茶割りなうさん

まさしくその通りですね。
今となっては、なくてはならない”手足”そのものになってます^^
これからも大切に乗っていきたいです。
Posted by Nao4 at 2010年02月26日 00:04
浮雲@焼酎麦茶割りなうサン(笑)の仰る通りで、自転車自体に興味がない人は見向きもしませんよね。そういう人に、コッチ側の思いだけぶつけても聞く耳持ってくれません。というか理解してくれません。自転車に限った事ではないですが…。

こういうのって子供に何かを伝えるときに似てますね、子供の目線、知識のレベルで話すっていう。

浮雲@焼酎麦茶割りなうサン(再び笑)の言葉の「自分の手足となり、自由に駆け回ることのできる翼のような物なのです。」を相手目線でつたえることが出来るといいのでしょうね。むずかしい事ですけどね。

その手段としてBLOGを書いているのかもしれません。

Nao4さんのアプローチは大変すばらしいと思います。クイック化を第一歩にどんどん活動を広げて行ってほしいと思います。

応援しています。

Posted by キヨ at 2010年02月26日 04:25
>キヨさん

なるほどです!
たしかに、子供に何か伝えるときと似ていますね。
そして、自分の自転車も、自分の子供のような感覚だなと思いました。
なぜなら、自分の自転車が一番かわいいから(笑)

私のアプローチに共感いただきありがとうございます。
「応援しています」のひとことで、
100倍くらいの勇気が出てきます^^;
コレ、魔法のコトバですね。
Posted by Nao4 at 2010年02月26日 09:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。